ドジャースが水原通訳を解雇~違法賭博で大谷の資金着服~

ドジャースが水原通訳を解雇~違法賭博で大谷の資金着服~

世界中が驚きの渦に見舞われた。

今朝のニュースだ。

米大リーグ(MLB)のロサンゼルス・ドジャースは20日、大谷翔平の通訳を務める水原一平氏を解雇した。

大谷の弁護士は、同選手が「大規模な窃盗」の被害に遭ったと発表しており、

水原氏は違法とされるブックメーカーに賭けるために数百万ドルを着服したとみられている。

ショック極まりない。

というか、

あの優しそうな水原氏が賭博を・・というのが、

正直あまり想像できない。

最近結婚したばかりだったのでは?

人は見かけによらないとはこのことを言うのだと思った。

職場でも、このことで持ち切り。

それより、今頑張っている大谷選手が心配という声が多い。

必死で野球に向き合っている大谷選手に失礼極まりない。

頑張っている大谷選手がほんとに可哀そうだと思う。

映像では、あんなに仲良さそうにしていたのに・・・

人は分からないものだ。

大谷選手も不安を隠せないのではないだろうか。

これからの開幕戦に影響しないことを願うばかりだ。

ドジャース広報は

ドジャースの広報担当は取材に対し、

「チームはメディア報道を認識しており、情報を収集している」とし、

「球団は通訳の水原一平氏が解雇されたことを発表する。現時点でそれ以上のコメントはない」

と電子メールで応じている。  

また、被害額は「数百万ドルに上る」とし、水原氏がその金を賭博に使ったと報じている。

大谷は賭博をしておらず、その資金は水原氏の借金の埋め合わせに使われたとされる。

MLBは「選手、審判、球団やリーグの役員及び従業員」が野球に賭けたり、

他のスポーツへ違法に賭けたりすることを禁じているという。

またスポーツ賭博自体は米国の多くの州で合法化されているものの、

カリフォルニア州ではオンライン賭博などは違法となっているという。

水原氏は日本生まれで南カリフォルニア育ち。

2017年に大谷がロサンゼルス・エンゼルスと契約してから個人通訳となり、

その後大谷を追ってドジャースに移籍した。

その中身は

大谷翔平投手の通訳を務める水原一平氏が前日20日の開幕戦が終わった後、

球団のクラブハウスで選手らの前で自身が「ギャンブル依存症」であることを告白したと伝えたとされる。

大谷選手の銀行口座から少なくとも450万ドル(約6億7500万円)が、

ブックメーカー運営会社に送金された疑惑が一連の事件を引き起こしたからだ」とも報道あり。

水原氏は21年からサッカーの国際試合や野球以外のその他のスポーツの賭博に関与していたという。

しかし、これらの賭博は合法だと思い込んでいたらしい。

また、同氏は大谷に借金返済の依頼し、肩代わりしてもらう形で大金を送金したと証言したが、前言撤回。

「大谷選手は自分のギャンブルや借金、返済について何も知らなかった」と話したとも伝えられている。

また、水原氏は試合後のクラブハウスで選手たちの前で「すべては自分の過ちです」と罪を認め、

「自分はギャンブル依存症です」と告白したという。

水原氏は大谷が13年に入団した日本ハムで外国人選手の通訳を務めた後、

同選手の18年のメジャー移籍に合わせて一緒に渡米。

昨オフには10年7億ドル(当時の為替レートで約1015億円)のメガ契約を結んだ同選手とともにドジャースへ移籍。

大谷が最も信頼してきた人物の一人でもあった・・・。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント欄

コメント一覧 (2件)

    • 私も同感です。大谷選手は賭博などする人ではないことを信じています。今は野球だけに集中できる環境を整えてほしいです。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)