紅白歌合戦~時代の流れを感じる~

紅白歌合戦~時代の流れを感じる~

紅白の感想

2023年の紅白も楽しかった。

ただ

なんとなく

時代の流れというか

風潮が明らかに表に出た紅白になったなというのが、第一印象。

テーマがボーダーレスだったからかな。

Kpopが以前にもまして

たくさんエントリーされていて

ファンにはたまらないが、物足りなさを感じてしまった。

紅白は1歌番組ではなく、日本を代表する番組。

紅白は老若男女、たくさんの人から見てもらえる番組。

だからこそ

もっとお年を召された方向けの歌手を

ピックアップしてもよかったのでは

と単純に思えた。

昨年、アイドル業界で世間を騒がせたからこそ、

2023年紅白は、若者以外にも音楽を楽しんでもらえる歌手を選んでほしかった。

紅白は高齢者も鑑賞される。演歌が極端に少なくなった。

ヒットしている歌も結構ある。

だからこそ、若手の演歌歌手を育てる目的からも

日本の歌である演歌をいれてもよかった。

テーマとしてのボーダーレスを、国境別だけでなく、世代別としてもとらえてよかった。

昔の懐メロを選曲して、若い歌手に代わりに歌ってもらってもよかった。

紅白だから。特別なのだ。

懐メロなど、キャンディーズ以外にも

もっとたくさん流してほしかった。

紅白ではそれができる。

日本を代表する歌番組だから。

紅白を見てて、意義を問いたくなる

今回の紅白もいろんなハプニングがあって

それはそれで

とても楽しかった。

けん玉の失敗、司会者の緊張ぶり、ドミノでのドキドキ・・

司会進行が年々早くなってきていると思えた。

以前は進行もゆっくりだったから

そのテンポで見れた。

ただ

今は、曲数の関係もあるのか

とにかく

司会進行が早い。

番組の途中で、赤が何点、白が何点という点数確認も全くない。

だから、赤に頑張れ、白に頑張れと応援することすら

できない。

ただ、パフォーマンスをたんたんと見るだけ。

進行が早くて、いいというのもあるけど

紅白「歌合戦」は何の意味があるの?

と問いたくなる。

番組終わり際に、

慌ただしく

赤が●●点、白が〇〇点・・・ 視聴者からの点数は・・・

というように点数付けがされるけど

慌ただしくて、ゆっくり見てられない。

ここに、本来なら、

「紅白歌合戦」の大きな意義があるのでは?と感じてしまう。

もっとゆっくりいこう。

そう言いたくなる。

あまりたくさんの歌手や曲を矢継ぎ早に入れなくてもいいのでは?

無理に挿入しなくてもいいよ

と言いたい。

来年は

もっとゆっくりとした

ペースで

全日本国民がゆっくりとした気持ちで

紅白を楽しむことができるように

構成を練ってほしい。

番組関係上、様々な制約があるのかもしれないけど

紅白を楽しみにしている日本人、いや世界中の人が、楽しんで見たいはず。

こんな時代だから

ゆっくり

味わいたい。

今回の紅白を最初から、

最後までずっと見て、

あらためて感じたこと。

ディズニー、バスケ、らんまん、その他にもいろんな楽しい企画が目白押しだった。

もっと

来年は

ゆっくり、そんな愉快な企画を楽しみたい。

新しい紅白でなく、楽しい紅白を・・・

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント欄

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)