秋の風景 ~ 駅 ~ 前編

秋の風景 

涼しくて、出かけたくなるこの季節

駅を散策してみた

駅  ~前編~

山の中にある 

ひっそり佇む 無人駅

一昔前のにぎわいを感じさせてくれる

どこか懐かしく

一方で

なにかしら寂しさを感じる

情緒豊かな 無人駅

写真メインで ポエム風にどうぞ(^^)/   

嘉例川

ご存じの方もいるかもしれません

ここは

観光客で有名な無人駅

その名も  嘉例川駅

なかなか見られない

ひっそり佇む無人駅です

昔の情景を想起させる今では珍しい昔ながらの駅

周囲も山林に囲まれ、新鮮な空気が

駅を

包んでくれている

早朝は

人の気配すら感じさせない

ひっそり かつ どことなく大胆に 佇む無人駅

嘉例川駅 

開業 百周年記念碑

この駅ができて、100年以上が経っている・・

オーラが

ちがう

それもそのはず

案内板も歴史を感じる

朝の空気も

最高においしい

一駅前が なかふくら

次の駅が きりしまおんせん

この二駅も風情があるんだろうな・・

機会があれば

行ってみよう

駅の中

中に入ると

昔ながらの木造で

さぞかし大勢の人々で

にぎわっていたんだろうな

椅子一つにしても、古さがにじみ出ている感じが

またいいな

入口左に

ペットの家みたいなのがあります

猫が一匹

名前は たしか

「 さんちゃん 」 (^^♪

なぜ さんちゃんなのかは

不明です

近寄ったら、すぐ

逃げて行ってしまった・・

駅舎もきれいに

そうじされていて

きれいに管理されています

昔は人でにぎわっていたのだろう

この天井の高さ

今の時代にこの高さの駅舎はほぼないのではないか

天井の高さと

木造というのが

レトロな雰囲気を醸し出している

外に出る・・

長閑だな・・・

後編につづく

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント欄

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)