春一番 ~キャンディーズも関わりが~

関東で春一番 ~週末は朝と昼の気温差大きい~

気象庁は、「きょう15日、関東地方で春一番が吹きました。」と発表。

昨年より、14日早い発表となりました。

春一番と聞くと、

そろそろ春???

という気分になります。

ただ、まだ2月。

例年なら、2月にもう一度くらい寒波がきてから、

3月にようやく春がきたって気分になりますね。

「春一番」を調べる

前から気になっていた、春一番。

調べてみると、

春一番(はるいちばん)は、北日本(北海道・東北)・甲信・沖縄を除く地域で春先に吹く南寄り(東南東から西南西)の強風。

春一番が吹いた日は気温が上昇し、その後は寒さが戻ることが多い

関東地方における「春一番」は、

立春から春分までの間で、                                            日本海に低気圧があり、                                             関東地方における最大風速が、おおむね風力5(風速8m/s)以上の南よりの風が吹いた場合

を基本として総合的に判断しているという。

また、九州北部地方(山口県を含む)における「春一番」は、

立春から春分までの間で、                                            最高気温が前日より高くなり、                                          南寄りの風が最大風速で約7m/s以上となること

を基本として総合的に判断しているらしいです。

春一番は毎年発生する訳ではなく、認定基準にあてはまらず「春一番の観測なし」とされる年もあります。

2013年2月2日には、南方の暖かい風が吹き込み全国的に気温が上昇したが、立春の前であったために、定義上、気象庁はこの風を「春一番」と認めていません。

出典:Wikipedia

キャンディーズの春一番

気象庁が「春一番」を定義し、それを発表するようになったのは、

キャンディーズ春一番のヒットが大きな要因となったと言われています。

キャンディーズ 「春一番」 

その後、気象庁には『春一番』の問い合わせが殺到するようになり、

春一番の定義を決め、昭和26年(1951年)まで遡って春一番が吹いた日を特定し、

平年値を作り、『春一番の情報』を発表せざるをえなくなったそうです。

春一番という言葉が浸透したことを利用し、防災情報の充実も図ることになったといわれています。

出典:Wikipedia

日本のヒット曲が気象庁の業務を変えたということには驚きです。

春一番が発表されるのは

春一番が発表されるのは、九州南部、九州北部、四国、中国、近畿、東海、関東、北陸の8つの地域です。

春一番の発表基準に達しない場合は、発表されない年もあります。

また、東北と北海道、沖縄には発表がありません。

この理由としては、気候の特性が影響しています。

例えば、北国では南寄りの風が強まっても、その後はすぐに冬型の気圧配置となり、北寄りの風が強まって厳しい寒さがぶり返すパターンが多いことから、地域になじまないため、発表しないことになっています。

「春一番」は荒天をもたらす「春の嵐」です。

強い南風や、雷雨、突風など、荒れた天気に注意が必要です。

明日は

あす(金)は太平洋側で天気が回復する予定。

全国的にきょうより気温が大幅に低く、特に日本海側は風の冷たさが際立つ一日となる見込み。

週末~週明けは、再び暖かさの戻る地域が多いが、朝と昼の気温差が大きい点には注意が必要だということです。

その後、来週後半は寒気が南下するため、今度は全国的に冬の寒さが続く期間に入る見通し。

繰り返す気温の寒暖差、スギ花粉の飛散など、

何かと健康維持に気を遣う1週間となりそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント欄

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)