日本シリーズ 阪神タイガースが日本一に輝く

日本シリーズ 阪神タイガースが日本一に輝く

  • 日本シリーズ 阪神タイガースが日本一に輝く 
  • 思うこと
  • 日本シリーズ 阪神タイガースが日本一に輝く 

京セラドーム大阪で日本シリーズ最終戦が行われた。

阪神がオリックスに7ー1で勝ち、対戦成績を4勝3敗として、1985年以来38年ぶり2度目の日本一に輝いた。

先発の青柳投手が5回途中まで無失点の好投を見せて、救援陣も踏ん張った。

4回にノイジー選手の2戦連続本塁打となる3ランで先制。5回には森下選手と大山選手、ノイジー選手の3者連続適時打で3点を追加した。

オリックスは、先発宮城投手が5回途中5失点と追い込まれ、2年連続日本一を逃した。

MVPには、阪神の近本選手が選出された。

日本一までの軌跡。

ファンの期待に応えられるかどうかがかかる大一番は最高の形で終結した。長い低迷と首位独走からの陥落など、苦い経験を繰り返し、ようやく日本一の座についた。

大阪で育ち、幼少期から阪神一色だった岡田監督にとって最高の瞬間が訪れた。

  • 思うこと

「前回の日本一は27歳。長かったですね~。選手でも監督でも日本一を経験出来て、本当に幸せです」

ほっとした表情が印象的だった。

最高の笑みを浮かべて、選手の待つ輪の中に加わり、5回、胴上げされた。宙を舞った。

思わず、私も涙が出た・・

最終戦に今季苦しんでなかなか活躍の機会に恵まれなかった青柳投手を抜擢。開幕戦で先発したエースに日本一を託した。

前半まで無失点と仕事を立派に果たし、後半に4人の救援陣で幕を閉じた。

岡田監督は選手のミスには厳しい人だったらしい。試合後、ミスをした選手には必ず苦言を呈し、その都度反省を促した。豊富な知識と経験を誇り、シーズンを通して、監督の指導方法は変化していったという。

「選手が役割をしっかり果たした」 選手を称える機会がシーズンを通して増加。

「みんながやることを分かってきて、自信をつけていった」

ある選手も「やっていくうちに監督の考え方を選手一人ひとりが理解できるようになった」という。

阪神は本当に強かった。

日本一、おめでとう(^^)/

そして、感動をありがとう!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント欄

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)