マラソンの五輪への争い~3枠目は大迫傑選手に決定、そして~

マラソンの五輪への争い~3枠目は大迫傑選手に決定、そして~

ついに、パリ五輪へのマラソン、日本代表選手が決定した。

本日の東京マラソンで最終的に3枠目が決まるとあって、凄まじいデットヒートが繰り広げられた。

東京マラソン、観戦していてこちらも手に汗握るレース展開だった。

東京マラソン 2024.3.4

本当に面白かった。

一市民ランナーとして、楽しませてもらい、また、走ることのすばらしさを痛感した。

だから、走ることが楽しくてたまらない。

そろそろ夕方。

走りに行ってきます。

東京マラソン ( 2024年3月3日    東京都庁~東京駅前の42・195キロ )

今日、行われた東京マラソン。

一流選手が大勢出場した今大会。

最後の五輪出場枠を賭けて、日本を代表する選手が健脚を競い合った。

パリ五輪代表の男子3枠目をかけたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ最終戦として行われた。

今大会で日本陸連が定める設定タイム2時間5分50秒以内をマークし、日本人最上位に入ればパリ切符獲得だったが、

日本選手は西山雄介(トヨタ自動車)の2時間6分31秒が最高で、記録を突破できなかった。

19キロ過ぎで日本勢の集団で転倒したが、その後に盛り返した。ただ、設定タイムに41秒届かず。

ゴール後に悔し涙を流した西山選手は「オリンピックに行きたかった…。5分50切らないと意味がないので、悔しい」と声を絞り出した。

今後については「パリしか考えてなかったので、今は目標考えられない。僕にとって最後の挑戦と思っていた」と話した。

結果的に

昨秋のMGCで1位の小山直城(ホンダ)、2位の赤崎暁(九電工)に続き、3位の大迫傑(ナイキ)が代表に決定。

4位の川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)が補欠となった。

川内選手はMGC後に左臀部や左脚を痛めてしまった影響で、先月25日の大阪マラソンを欠場するなど苦境に陥っている。

それでも、2月29日には「補欠であっても準備をしっかりしたい」と意欲を示していた。

レジェンドの瀬古氏は

レース後に会見した陸上界のレジェンドである日本陸連の瀬古利彦・ロードランニングコミッション・リーダーは、

「残念ながら5分50秒を切る選手が現れなかった」とした上で「全員が五輪を目指して頑張ってきたことは評価したい」と続けた。

 3人目は大迫に決定したが、「3人目は誰か分からない。彼(大迫)は返事するか分かりませんが、決まったら全員で応援したい」と話している。

 大迫選手は東京に出場せずに4月のボストンを走ることを表明した1月に、

「もちろん五輪は大事なレースだけど、みんなが思っているほどにこだわらなくていい」と説明した。

ただ、レース後は自身の公式サイトで「パリ2024夏季オリンピックのマラソン日本代表に内定」と報告した。

さらに瀬古氏は、

「彼には出て欲しいと思います。2人にアドバイスできるのは彼しかいない。3人目に入って、引っ張ってもらう役目だと思う」とラブコールを送った。

まとめ

同じ日に鹿児島マラソンも開催された。

晴天でこれ以上にないコンディション。

個人的に出場してみたかったが、事情があり、断念した。

再来年くらいには、出場できると思うので、そこを目指して、これからも走ることに没頭していきたいと思います。

いつかは、東京マラソンにも出場したい。

走ることに、夢は広がる・・・

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント欄

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)