能登半島地震 クラウドファンディング ~災害時にできること~

能登半島地震 クラウドファンディング ~災害時にできること~

※このたびの令和6年1月能登半島地震により被災された皆さまへ心よりお見舞い申し上げます。

今回の能登半島地震において、クラウドファンディングが貢献しているとよく耳にする。

クラウドファンディングとは

先生

詳しく解説していきます

クラウドファンディング(crowdfunding)とは群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、

インターネットを通して自分の活動や夢を発信することで、

想いに共感した人や活動を応援したいと思ってくれる人から資金を募るしくみ。

途上国支援や商品開発、自伝本の制作など幅広いプロジェクトが実施されている。

一般に製品開発やイベントの開催は多額の資金が必要となるが、クラウドファンディングは、

インターネットを通じて不特定多数の人々に比較的少額の資金提供を呼びかけ、

一定額が集まった時点でプロジェクトを実行することで、

資金調達のリスクを低減することが可能になる。

ソーシャルメディアの発展によって個人でのプロジェクトの立ち上げや告知が容易になり、

それに呼応する形でクラウドファンディングによる資金調達が活発になりつつある。

引用:Wikipedia

中でも、「こんなモノやサービスを作りたい」「世の中の問題をこう解決したい」といったアイデアや想いを持つ人は誰でも“起案者”として発信でき、それに共感し「応援したい」「モノやサービスを試してみたい」と思った人は誰でも“支援者”として支援できる、双方にとっての手軽さがクラウドファンディング最大の特徴といえる。

先生

図にすると、こんな感じになります

クラウドファンディングの種類は

先生

種類としては、以上の5つがあります

その中でも、能登半島地震で活躍しているのが、【寄付型】と【購入型】のようです。

【寄付型】とは、災害支援や伝統工芸の継承など社会貢献の資金を募るクラウドファンディング

リターンを設定せず無償で資金を募ることができる。

支援者側も支援金が寄付金扱いになるため、税額控除を受けられるのはうれしいポイント。

【購入型】とは、支援者に対してリターンを設ける必要のあるクラウドファンディング

一般的に、新商品や新規サービスの先行利用権利などがリターンとして設定されている。

資金調達だけでなくファンの獲得にもつながるので、再度クラウドファンディングをするときに、有利になる可能性もある。

クラウドファンディングの実施形式は

  • All or Nothing                                                募集期間中に、支援された総額が目標金額を超えた場合に、プロジェクト成立となり資金を受け取ることができます。 不成立の場合、資金を受け取ることはできず、支援者に全額返金されます。
    適切な目標金額を設定し、必要なアクションを実施することができれば、支援が集まりやすい方式です。
  • All In                                                  「All-In」では目標金額以上の支援が集まったかどうかに関わらず、プロジェクトが成立となります。         目標金額に達しなかった場合でも、資金を受け取ることができますが、実行者は掲載時にプロジェクトの実施を確約する必要があります。

の2つの実施形式があり、どちらかを選択します。

メリット・デメリットとは

クラウドファンディングのメリットは、資金調達が難しい事業であっても、誰でも資金を集められる可能性があること。

金融機関から借入を断られた案件でも、計画と熱意さえあればクラウドファンディングを活用して資金調達を行えます

SNSなどインターネット上でうまく宣伝できれば、予想以上の資金が集まることも。

資金がない人や事業を立ち上げる経験の浅い人でも、気軽に始められる。

また、案件内容の社会性や事業性を確認できるのも魅力の一つ。

資金の集まり具合や支援者とのやりとりを通して、市場動向の把握もできる。

案件が成立すれば商品のPRだけでなく、実績やファン作りにも活用できる。

ただし、資金が思った以上に集まらず目標未達成になってしまうこともある。

事業がうまくいかないと進捗状況など支援者への説明責任も発生するため注意が必要。

訴訟など万が一に備え、支援者との関係や事業の計画もきちんと準備する必要があることは覚えておく必要あり。

どんなサイトがおすすめ?

① プロジェクト成功の可能性を上げたいなら、事業とマッチした特化サイトを選ぶことが必須。             基本的に、特化サイトでは特定ジャンルへの関心がある人が集まり、案件への支援意欲が高い傾向にある。     サイト自体もプロジェクトに対するノウハウがあるため、資金調達・事業面で有利になる可能性がある。

②また、事業をスムーズに始めるためにも、掲載されるまでの審査期間と手元に入金されるまでの期間は必ず確認する必要がある。                                               審査に通らない限り、サイトに掲載されず資金調達も始まらない。                       目標金額を達成しても手元に資金がないと事業を始められない。                        なるべく早く事業を始めるためにも、32日以内または1か月以内に入金してくれるサイトがよいといえる。     日本のクラウドファンディングサイトは、コンプライアンスや経理の都合上アメリカのサイトに比べて審査・入金期間が長いと言われる。                                            なかには、審査から資金募集を始めるまでに1か月、成立して入金されるまでに2か月ほどかかるサイトもある。   そのため、時間がかかることも織り込んだ事業を計画した方が得策といえる。

③開業資金を多く残すためにも、手数料が17%以下の安いサイトがおすすめ。                  クラウドファンディングサイトでは、案件が成立した際に集まった資金に対して割合で手数料を設定しています。  調達資金額が大きいほど手数料として払う金額は大きくなるため、手数料の安いサイトなら最終的に事業へ使える資金を多く残せる。                                             ただし、通常の手数料プランでは十分なサポートを受けられないこともあるから注意が必要。           サイト側も営利企業であり主な収益源は成立時の手数料なので、成立確率の高い案件へ注力しがち。        そのため、自分の求めている内容かわからないサポートを優先するよりも、明確に資金を残せる手数料に注目したい。

私のおすすめサイト ベスト3

第3位 CAMPFIRE

最短即日掲載で支援金の入金も早いのが魅力

17ジャンル・累計7万件以上をサポートしてきた豊富な実績と、豊富なノウハウを惜しみなく提供。プロジェクト公開前の審査は必要最低限なものに絞っているので、最短即日で掲載可能。入金タイミングも早くでき、必要なお金をスピーディに集められる。

タイプ購入型、寄付型
出資形式All or Nothing、All in
得意ジャンル総合
起案者の手数料17%
支援者の手数料無料(220円)
審査期間1週間以内(最短1〜5日)
入金期間1か月以内(早期振込サービス:最短4営業日以内)
サービス開始年2011/06/02
初期費用なし
累計調達金額79,000,000,000円
累計成立案件数
掲載プロジェクト数1012件
最低支援額500円
目標金額の下限10,000円
目標金額の上限1,000,000,000円
支援者数4,000,000人
アプリあり
事前相談可能
資料請求可能
利用者レビューあり
サポート体制プロジェクトページ作成サポート、SNS配信、メルマガ配信、メディアへの二次掲載、プレスリリース

第2位 READYFOR

特に、応援したいのが、↓こちら

初心者でも取り組みやすい充実のサポート体制

豊富な実績から成功プロジェクトの傾向を分析し、知見を結集して構築した万全のサポートを用意。資金の受け取りはAll or Nothing 方式とAll in 方式から選択できる。プロジェクトの掲載には一切費用がかからず、もし不成立となった場合にも手数料はかからない完全成功報酬型。

タイプ購入型、寄付型
出資形式All or Nothing、All in
得意ジャンル総合
起案者の手数料シンプルプラン:12%(フルサポートプラン:17%)
支援者の手数料無料
審査期間最短3営業日
入金期間支援募集終了日から翌々月10日(早期入金オプション:最短翌週の第3営業日)
サービス開始年2011/03/29
初期費用なし
累計調達金額20,000,000,000円
累計成立案件数
掲載プロジェクト数20,000件
最低支援額500円
目標金額の下限10,000円
目標金額の上限不明
支援者数900,000人
アプリあり不明
事前相談可能
資料請求可能
利用者レビューあり
サポート体制プロジェクトページ作成サポート、SNS配信、メルマガ配信、担当者によるメールの問い合わせサポート、支援募集スケジュールに応じた広報活動のフォローメール、専任担当者による準備〜公開期間中の個別サポート(フルサポートプランのみ)、全体スケジュール管理(フルサポートプランのみ)、企画戦略の相談(フルサポートプランのみ)、リターン設計のアドバイス(フルサポートプランのみ)

第1位 Makuake(マクアケ)

担当がプロモーションプラン策定をサポートしてくれる

アクセスユーザー数1,200万人以上と、世の中にまだない新商品に出会える場、メディアとして利用されている。

追加費用なしで、個別メディアアプローチをはじめとしたPRサポートが可能。

全てのプロジェクトに担当がつき、ページ設計やプロモーションプラン策定をサポートしてもらえる。

タイプ購入型、寄付型
出資形式All or Nothing、All in
得意ジャンル総合
起案者の手数料20%
支援者の手数料無料
審査期間最短8営業日
入金期間プロジェクト終了月の翌々月第3営業日
サービス開始年2013/08/07
初期費用なし
累計調達金額
累計成立案件数
掲載プロジェクト数
最低支援額500円
目標金額の下限不明
目標金額の上限不明
支援者数
アプリあり
事前相談可能
資料請求可能不明
利用者レビューあり
サポート体制プロジェクトページ作成サポート、SNS配信、メルマガ配信、市場調査、展示ブース出展

特に、応援したいのが↓こちら

まとめ

クラウドファンディング 2024.2.1

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント欄

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)