1人旅 ~辰年にちなんで~ 一日目

1人旅 ~辰年にちなんで~ 一日目

久しぶりに

久しぶりに平日休みが取れた。

月曜日、火曜日と連続で取れたので、

地元を散策。

子供たちは学校、嫁は仕事で時間が取れず。

一緒に行きたかったけれど、

さすがに申し訳なく、

一人で行くことに決めた。

今夜はビジネスホテルを予約して、

少し遠くまで足を伸ばす。

ちゃんと一人でいることを嫁に確認の意味でラインをしっかり交換。

これで安心。

ネットができない

ホテルに着くやいなや、トラブル発生。

Wi-Fiにつながらない・・・

ルーターが点滅しておらず、

いくらPINコードを入力しても、

ブラウザからコードが取得できませんと応答。

仕方なく、

フロントに電話。

すると、

「ポケットWi-Fiで対応していただいてもよろしいですか」

すばやく対応していただいて、有難かった。

わがまま言って、お忙しいところすみませんでした。

一日目

今年は辰年で、竜の年。

竜にちなんで、たくさん写真撮りました。

あまりゆかりがないかと思ったのですが、

意外とあるものですね。

①竜の口から水が ~世界一郷水車~

もっと拡大すると

間近でこんな大きな水車を見ると、

圧倒されるというか

動いているから

不気味に感じた。

②女竜が石に変化してしまった悲しい伝説 ~竜石~

竜石というスポットを見つけて、

さっそく散策。

車で麓まで行って、

すぐ着くかと思いきや、

山もなかなか急な勾配。

入口にこんな伝説が書いてありました。

悲しくもあり、切ない言い伝え・・

女竜は男竜をいつまでも待っていたのでしょうね。

どうしても諦めきれず、男竜を追っていった女竜。

人間に見られたために、石に姿を変えざるを得なかった。

そんなことになっていることを知らずに、男竜は・・・

自分の起こした行動で、尊い女竜を失ってしまった。

本当に尊いものは、失ってからでは遅いということを教訓としているのかもしれません。

あらためて、嫁と家族を大切にしようと実感した次第でした。

その竜石がこれ↓

ただ、竜石という看板があるだけで、

どれがその”竜石”なのかがはっきり分からない。

なにもこれという表記がされていないのです。

ふつうは縄で編んだものが石に括り付けられていたりするものですが、

それがない。

ロッククライミング用になんかついていたりしましたが、はっきりしない。

たぶん、一番大きなこの石だろうと思いました。

それかこれ。

いろんな伝説があるものだと感嘆。

パワースポットも更新しますので、よかったら応援よろしくお願い致します。

明日もご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント欄

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)