家族と外食 ~子供たちに寄り添って生きていこう~

家族と外食 ~子供たちに寄り添って生きていこう~ 

久しぶりに家族と外食。

やっぱり家族全員で食べるのは

おいしい。

アルバイトなどでいないときも

多いけれど、

やはり

家族全員が揃うと

話題もはずむ。

途中で

水をいきなりこぼしたり

いろんなハプニングもあったけど

それが

また楽しいのだ。

子供たちの

成長が

目に

見えて、

子供たちにあったいろんな話題が

湯水のように湧いて出てくる。

誰誰と飲みに行ったとか

バイト先でこんなことがあったとか

学校では友達があーだ、先生があーだこーだ、

ほんとに1人が話し終えると

次もう一人と、

ほんと今日は賑やかだった。

それをなにげにそっと眺めているのも

ほんと頼もしい。

大きくなったもんだと

あらためて感じる。

意見を求めているのではなく、

ただただ聞いてほしいのだと。

子供達には子供たちの世界があり、

いろんなことが起こっているのだと

つくづく感じた。

いつのまにか

頼もしくなったもんだと

改めて思った。

こうやって、

気づいたら

結婚や出産など

人生の大イベントが

過ぎていくのだろう。

子供たちが今はまだそばにいるから、

楽しい時間が過ごせるのだと思う。

子供たちに感謝だ。

孫が生まれたら、

またなおさら賑やかになるにちがいない。

そのときまで、

子供たちの愚痴やら起こったことを

耳にして覚えておきたい。

いつか

いつか

そんなことがあったなって思えて、

人生を終えるまでに・・

今を大事にして、子供たちに寄り添って

今年も生きていこう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント欄

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)