お正月~実家でゆっくり~

お正月~実家でゆっくり~

あけましておめでとうございます。

今年は辰年。

本年もよろしくお願い申し上げます。

実家でのんびり

久しぶりに実家に帰省。

やっぱり実家に帰ると

なんか懐かしい空気が流れる。

自分が育った場所。

ここの傷

あのときに喧嘩した時の傷だとか

まだ直っていない家電製品とか。

いろんなことが懐かしく思える。

親も年取るのと一緒で

自分も年取るわけだ。

お雑煮

久しぶりに親が作ったお雑煮食べた。

やっぱり

おいしい。

身に染みる味。

年季が違う。

白菜、ネギ、シイタケ、かまぼこ、干しエビなど

そんなにこれといって

たくさん入っているわけでもないのに

味が深くて

真似できない

おふくろの味。

「すごいね」「おいしい」としみじみ言うと

「長く食べてきた味でしょ?」「おいしければよかった」

なにごともなかったかのように

差し出す母。

親って

やっぱり

ありがたい。

温泉

元旦から温泉に行った。

思ったより

人も少なく、

快適に温泉を楽しめた。

父と久しぶりに温泉に浸かり

世間話を

少し。

親と入ったの、いつぶり?

懐かしくもあり

ちょっぴり、なんとなく、恥ずかしい自分。

なぜかな?

いつになっても親と入るのは恥ずかしい。

けど、子供の頃と違うのは

仕事の話を聞いてくれること。

やはり父は大先輩。

悩みを真剣に聞いてくれ、

時には的確なアドバイスをくれる。

こんなとき

父の偉大さを

あらためて感じる。

自分も3児の父だけど、

自分の父は、もっと偉大な存在だ。

格が違う。

普段は離れていて

なにも感じない父だが

こうして正月とかに帰省すると

存在の違い、人生の大先輩が身近にいると感じられて、ありがたいものだ。

いつまでも長生きしてほしい。

今年も

今年も良い年に

なりますように・・

本年も頑張ろう!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント欄

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)