山本由伸投手 ドジャースへ ~投手年俸・最高額で契約~

山本由伸投手 ドジャースへ ~投手年俸・最高額で契約~

山本由伸投手 ドジャースと契約合意 2023.12.23

ドジャースとまたまた合意

ポスティングシステムで大リーグを目指していたオリックスの投手である山本由伸投手が、来季所属することになった大谷翔平選手が所属するドジャースと契約に合意したと21日メジャー公式サイトが伝えた。

大谷選手の契約にただでさえ日本中が沸いたのに、加えて、また大きなニュースが飛び込んできた。

ドジャースとの契約は12年総額3億2500万ドル、日本円で約465億円というから、驚愕させられる。

投手としては、なんと、メジャー史上最高額。

日本人がメジャー最高額をたたき出すのは、ほんとにすごいことだ。

アメリカの現地のスターを差し置いて、日本人がメジャーで最高額を獲得できるというのは、やはり日本人選手のレベルが格段に上がった証拠だ。大谷選手を筆頭に、日本人選手の価値が高騰していることの現れだと思う。

日本人選手のアメリカ移籍では、田中将大(楽天)がヤンキースと結んだ契約額を大きく上回った形だ。

そして、これも驚きなのだが、

山本投手が所属するオリックスへの譲渡金というものがあるらしく、その金額が、約5060万ドル(約72億円超)になるらしい。

オリックスは山本投手を一流の投手に育て上げた甲斐があったというものだろう。チームにとっても補強ができるなど、良いことずくめだ。

というか、なぜ、そこまでアメリカのチームは経済的に余裕があるのか。チームの財政力が豊かなのか。理由を知りたいものだ。

来季の開幕シリーズは3月20,21日にソウルで開催

25歳の山本投手を巡っては、ヤンキースやメッツが直接交渉して、熾烈な争奪戦が繰り広げられていたという。

10年総額7億ドルで加入したばかりの大谷選手とチームメートとなり、ダルビッシュ選手が所属するパドレスとの開幕戦になると言われる。

日本のスター選手が出場するのに、なぜソウルで開催なのか。ソウルにも熱烈なファンがいるのだろうか。

ドジャースは、今回山本投手を獲得して、20年以来のワールドシリーズ制覇へ積極的に補強した形だ。

もともと投手陣が手薄だったが、大谷選手の他に数名さらに他のメジャー選手を獲得した模様。

投手陣も野手陣もさらなるパワーアップが見込まれる。

山本投手の独特の投球フォーム

身長178cm、80キロの体格。

日本のプロ野球投手としても、やや小柄。

それでも、大リーグのスカウトによると、「身長の問題は全く問題ない」と断言する。

身長に関係なく、投球速度は160キロに迫る勢いだ。

タイトル4冠と沢村賞に3年連続で輝いた右腕の評価は、アメリカで最高水準とされているのだ。

その投球に特に異彩を放つのが、トレーニング方法。

陸上競技のやり投げのように、肘の屈伸をあまり使わない投げ方は本当に独特。他の投手もあまり真似できないと言われる。

ウエートトレーニングも一切しないとされる。

その代わり、ブリッジなどの柔軟体操に近い運動をプロに入ってから地道に続けてきた。

体を効率よく連動させ、投げる瞬間に爆発的な力を発揮する投球方法。

さらに、今季は左足をほとんど上げないフォームに変更。

これが功を奏して、体重移動がスムーズにいき、球威や制球力が一気に増した。

見ていても、あのフォームから、なぜあんな速い、正確な球が投げられるのかいつも疑問に思っていた。

研究に研究を重ねての、山本投手向けの確かな投球フォームを見出したのだろう。それが、今季も実を結んだ形だった。

英語力は最低限の実力。個人マネジャーが付き、一足早く渡米して語学留学をしている最中だという。

また、専属のトレーナーだけでなく、料理人もアメリカに同行し、最高のおもてなしを毎回受ける。うらやましい限りだ。

日本が誇るエース。剛腕が満を持して、夢の舞台に挑む時が整った。

まとめ

プロに入った時から、トレーニング方法に関して、独自のやり方を追求していたと聞いたことがある。

ウエイトトレーニングは全く行わず、肩を柔らかくする柔軟体操をたくさん取り入れることで、怪我を極力少なくする。

投げる瞬間に、最高のギアで球を投げられるようにと、フォームを何度も変更。

そして、今のフォームが固まったといわれる。

とにかく、野球に真摯に取り組み、自分に合わないものは一切取り入れないというストイック。

そんな選手だからこそ、日本人最高投手にまで上り詰めたのではないだろうか。

負けが多いときも、決して崩れることなく、淡々と一人ひとり打者を打ち崩していくだけ。

そんな山本投手を見ていて、怖ささえ感じるシーンもあった。プロの打者であれば、特にそうではないかと思う。

緩急自在に扱う投球術もすごい。圧巻なシーンもたくさんあった。

三振に倒れる打者も首を振り、「打てない」という表情をして、打席を退く時のあの姿は、投手の醍醐味に尽きると思う。

ノーヒットノーランも気持ちが良かった。

また、メジャーでも見てみたい。

今度は、スーパースター大谷翔平も在籍している。アドバイスも適格だろう。そういうところもあって、加入したくなったというのも、無理はない。

日本人スーパースターを二人も擁するドジャース。

来季は本当に目が離せない。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント欄

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)