プロ野球日本シリーズ 阪神日本一に王手

プロ野球日本シリーズ 阪神日本一に王手

  • プロ野球日本シリーズ 阪神日本一に王手
  • 思うこと
  • プロ野球日本シリーズ 阪神日本一に王手

 2023年プロ野球日本シリーズは今日、京セラドーム大阪に舞台が移され、第6戦が行われる。

対戦成績3勝2敗で1985年以来2度目の日本一に王手としているセ・リーグ覇者の阪神タイガースと、本拠地で巻き返しを期すパ・リーグ覇者のオリックスバファローズが対戦する。

予告先発は第1戦と同じエース対決の予想。阪神は村上投手、一方のオリックスは山本投手。

村上投手コメント:「王手がかかっているとか思わず、シーズン通り普通の気持ちで上がりたい。」「この前もそこまで緊張せずに楽しめた。次も楽しんで投げられればと思っている。」「自分の仕事をしっかりすれば勝利はついてくると思っている。」

山本投手コメント:「大事な一戦になる。体も心もしっかり準備していく。」「いつもと変わらないように、レギュラーシーズン中の1試合とも同じような感じで調整していく。」「勝つことだけを考えている」

阪神。村上投手は、大舞台で制球の良さは変わらず、大崩れの可能性は低く、大一番に賭ける舞台はそろった。打線は、これまで絶好調で、1番近本選手が出塁すると一気に調子が上がる。森下選手も乗れば一気に打ち始める予感で期待が膨らむ。

オリックス。初戦で山本投手が意外にも6回途中7失点と乱れて惜しくも降板となったため、雪辱を狙う。持ち前の速球を打たれた近本選手や木浪選手をどう攻めるか。前回登板した救援の柱の山崎投手や宇田川投手が不安を残すだけに、山本投手が長いイニングを投げられるか。打線は紅林選手や宗選手が好調だけにその他の野手がどれだけ援護できるかが見もの。

  • 思うこと

いよいよ、今日阪神が日本一に王手をかける。

阪神がオリックスに3勝2敗。2戦、3戦はオリックスがリードしただけに、オリックスファンも今日だけは優勝を阻止したいところだと思う。

前回は甲子園だっただけに、阪神ファンの応援が半端なかった。テレビで観戦している側としても、こんな応援がされれば、敵もほんとに冷静になることができにくく、やりにくいのではないかと感じる程だった。

けど、そこはプロ。

ここまで来て、そんなことは言ってられない。その臨場感に負けたら、それで終わり。そんな戦いが日本シリーズなのだとあらためて感じた。

2日の戦いも最高に興奮した。興奮しすぎて、ビールをこぼして、家族に怒られる始末・・・(+_+)

阪神は中野選手や森下選手がエラーで失点し、雰囲気が悪くなるにもかかわらず、岡田采配がここでも光る。

近本選手がここぞというところで出塁する。それを選手全員でカバーし、得点につなげる。投手もチームのために腕を振る。湯浅投手がマウンドに上がると球場の盛り上がりは最高潮。で、湯浅投手も結果を出す。

オリックスも負けてはいられない。宗選手や森選手らが、出塁するとチーム一丸でカバー。ここでも、中島マジックが光る。ただ、救援陣が力及ばず。宇田川投手の涙目で降板する姿は、見ているこちらにも心を打たれた。真剣勝負に負けた男の姿。立派だった。

観戦していて、楽しくて仕方がない。

ほんとであれば、甲子園球場に行って、応援したかった。仕事がなければ・・・

山本投手は、来年メジャーリーグに旅立つかもしれないという。25歳の剛腕にとっても、日本で最後の登板になる可能性もある。

だからこそ、今日の超大事な一戦は見逃せない。

今日もし、オリックスが勝てば、明日最終戦に日本一が持ち越される。

こんな接戦も珍しいことだろう。ファンにとっては、特に関西ファンは、今年を締めくくるほどの大切な貴重な一戦になると思う。

阪神が優勝したら、なんと1985年ぶりの2度目の日本一となる。ファンは喜び、半端ないことだと思う。

3連休の真っただ中だけに、今日決まれば、経済効果も大変なものになるのではないだろうか。

オリックスにも本拠地での戦いだけに、あっさり負けてほしくない。今日踏ん張って、明日勝てば、本拠地での日本一となり、活気づくことだろう。

いずれにしても、どちらのチームにも意地をみせてもらいたい。

今シーズン戦い続けてきた、プロの選手たちの生き様をじっくりと目に焼き付けられるように、また今夜ビールを楽しみにしたい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント欄

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)